エフェクト

StandardAssetsのEffectを使って視覚的な効果を加えたサンプルを作成します。

エフェクト

UnityのStandardAssetsのImageEffectsに替わるPostProcessingStack

UnityのStandardAssetsのImageEffectsは便利ですが効果を複数組み合わせるのが不便です。新しいバージョンのUnityではPostProcessingStackをお勧めしているのでそちらを使ってみました。
エフェクト

Unityでカメラレンズを覗きこんだような効果を出す

UnityのStandardAssetsにあるVignetteAndChromaticAberrationを使ってカメラレンズを覗きこんだような効果を出してみます。
エフェクト

UnityのToneMappingを使用して画面全体のトーンを変化させる

UnityのStandardAssetsにあるToneMappingを使用して画面全体のトーンを変化させてみます。
エフェクト

Unityの環境光を遮って部分的に暗くする

UnityのStandardAssetsにあるScreen Space Ambient Obscurance、Screen Space Ambient Occlusionを使って環境光を遮って部分的に暗くしてみます。
エフェクト

UnityでSun Shaftsを使い太陽光等の放射状の光、眩しさを表現する

UnityのStandardAssetsにあるSun Shaftsを使い太陽光の放射状の光、眩しさを表現してみます。
エフェクト

Unityでスクリーンオーバーレイを使って画面上にテクスチャをブレンド

UnityでStandardAssetsにあるスクリーンオーバーレイを使って画面上にテクスチャをブレンド
エフェクト

Unityでカメラに映る映像にノイズを入れる

UnityでStandardAssetsに入っているNoiseAndGrain、Noise And Scratchesを使ってカメラに映る映像にノイズを入れる
エフェクト

Unityでカメラに映る映像をグレースケール、セピア風にする

UnityのStandardAssetsにあるGrayscaleを使って映像をグレースケールに、Sepia Toneを使って昔風の映像にしてみます。
エフェクト

Unityでカメラに映った映像を歪ませる

UnityのStandardAssetsにあるFisheyeを使って魚眼レンズを覗いたような映像、Twirlを使って中心の1点から回転するような歪み、Vortexを使って円形領域の歪みを発生させます。
エフェクト

Unityで焦点が合っていない部分をぼかす

UnityのStandardAssetsに入っているDepthOfFieldとTilt Shiftを使い焦点の合わないゲームオブジェクトをぼかして表示してみます。
タイトルとURLをコピーしました