2017-12

マルチプレイ対応(UNET)

UnityNetworkでオンライン対応7-ログインシーンとゲームシーンを分ける-

UnityNetworkでログインシーンとゲームシーンを分けて作成してみます。
マルチプレイ対応(UNET)

UnityNetworkでオンライン対応6-敵キャラクターを出現させる-

UnityNetworkでシーン上にあらかじめ敵キャラクターを置いておく方法と途中からインスタンス化して登場させる方法を作成していきます。
マルチプレイ対応(UNET)

UnityNetworkでオンライン対応5-キャラの登場位置設定と再登場-

UnityNetworkでプレイヤーキャラクターの登場位置の設定と、キャラクターのHPが0以下になった時に再登場させる機能を作成していきます。
UnityでC#の勉強

C#の多次元配列とジャグ配列を使用してみる

C#の多次元配列とジャグ配列をUnity付属のMonoDevelopを使って勉強していきます。
マルチプレイ対応(UNET)

UnityNetworkでオンライン対応4-HPの表示と攻撃機能-

UnityNetworkでHPの表示と同期、プレイヤー同士で攻撃をする機能を作成していきます。
マルチプレイ対応(UNET)

UnityNetworkでオンライン対応3-キャラクターの同期と自分用カメラの設定-

UnityNetworkで自身のプレイヤーキャラクターだけ動かす処理と、位置やアニメーションの同期、カメラが自身のキャラクターを追いかける機能の作成を行ってみたいと思います。
マルチプレイ対応(UNET)

UnityNetworkでオンライン対応2-キャラクターを登場させる-

UnityNetworkでプレイヤーキャラクターをオンライン上に登場させるところまでを作成していきます。
マルチプレイ対応(UNET)

UnityNetworkでオンライン対応1-まずは動くキャラ作り-

UnityNetworkを使ったマルチプレイ対応の為にまずはオフラインで動くキャラクターの作成を行います。
メッシュ

Unityで速い攻撃モーションの時に当たり判定がされない問題の対応をする

Unityで速い攻撃モーションの時に武器と敵との当たり判定がされない事があります。そこで自分でメッシュを生成しそれをコライダに設定する事で対処出来るようにします。
マルチプレイ対応(UNET)

UnityNetworkでオンライン対応0-UnityNetworkオンラインの概要-

UnityNetworkでオンライン対応する為に、予備知識を勉強しておきます。
タイトルとURLをコピーしました