blender2.76bにmakehumanデータの取り込みとUnityへのインポート2

以前、blenderにmakehumanのデータを取り込んでそれをUnityに取り込むというのをやりましたが、

人型キャラクター作成ソフトMakeHumanで作成したキャラクターを3DCG作成ソフトBlenderへの取り込み方と出力、それからUnityへと取り込む方法

リグを入れるとどうにもうまく出来ませんでした。

そこでBlenderでボーンを設定し、Rigifyを付けるという事をやっていきたいと思います。

今回使っているblenderは2.76bでmakehumanは1.0.2、Unityは5.3.1f1です。
バージョンによってはどこか変わるかもしれません。

解説しているyoutube動画がありましたので、そちらを参考にさせて頂き、blederでリグを付けUnityに取り込むまでをやってみます。

動画中のスクリプトは

3Dモデルにボーンをうまく設定するには↓がすごく参考になりました。

blenderを使いこなす事が出来ないので、いまだによくわかりませんが・・・、色々やってみて結局これの通りでしか出来ませんでした。

blenderを触った事がない人にはちょっとハードルが高めかもしれません・・・。

スポンサーリンク

MakeHuman→Blender→Unityに取り込むまでの流れ

Unityに取り込むまでの流れはMakeHumanでボーンやRigify用のリグはつけずに3Dモデルだけをobjで出力します。

makehumanの設定をする

MakeHumanの設定で、ジオメトリー→トポロジー→femaleかmaleを選択します。
アニメーションの作成の為だけに使うのでなるべく線を少なくしておきます。

次にblenderを起動し、最初からあるオブジェクトを全部削除します。Aキーを2回押して全選択したらDeleteキーを押して消してください。

今作ったobjファイルをインポートします。

MakeHumanで作った3Dキャラクターは大きいのでSキーを押してサイズを0.1にまで減らします。減らす時にCtrlキーを押しながらやると大雑把な刻みになります。

MakeHumanで線を減らさなかった場合、blenderで線を減らします。
線が多いので減らします。(アニメーション用の3Dキャラなので精度はいらない為に行いますが、やらなくてもOKです)

3Dキャラクターを右クリックして選択し(blenderの選択は右クリック)

Decimateを選択する

上のように選択してください。

Ratioを0.1に設定する

上のようにRatioを0.1にしてApplyをクリックで反映させます。

あとは動画のようにすればOKなんですが・・・・。

Blederでモデルにボーンを設定し、Rigifyを付ける流れ

流れだけ書いておきます。

  1. Shift+Aキー→Armature→Human→Sキーを押してサイズ調整しオブジェクトの大きさにある程度合わせる。
  2. ボーンを選択しObject ModeからEdit Modeにし左にあるメニューのOptionsのX-Axis Mirrerをチェック
  3. ボーンをオブジェクトに合わせて調整
  4. 調整が終了したらObject Modeにしボーンを選択、右の方にある人型のアイコンを選択する
  5. 下の方にあるRigify Buttonsの下のGenerateをクリック
  6. 出来たリグをオブジェクトのサイズに調整
  7. 元のボーンを削除、右上の検索窓で「wgt」で検索し結果をAキーで全選択、scene以外を全部右クリックからDeleteする
  8. リグを選択した状態でTextEditorからrigify_script.pyを開きRunScript(画面上何も変化はない)
  9. オブジェクトを選択した状態でShiftキーを押しながらリグを選択
  10. Ctrl+PキーからWith Automatic Weights

これでとりあえずfbxとして出力し、Unityで取り込む事が出来ます。
fbxでの出力の設定でArmatureのOnly Deform Bonesにチェックを入れて出力してください。

BlenderでのRigify付けとUnityに取り込むまでの注意点

正直なところどこか間違えるとうまく取り込めなかったりします・・・・。

アニメーションデータだけをUnityに取り込むとアニメーションがうまく作用しなかったりします。(設定の問題?)
なのでblenderからモデルデータ込でfbx出力をし、Unityに取り込んだ方がいいかもしれません。

自分でアニメーションを作成する事がない人はやらずに、配布されているアニメーションを使うのも手ですね。

Unityで使用するキャラクター用のアニメーションをBlenderを使って作成していきます。作成方法を学べば自分のゲームに自前のアニメーションを使うことが出来ます。

でblenderで簡単なアニメーションを作る方法を載せたのでそちらも参考にしてください。

スポンサーリンク

記事をシェアして頂ける方はこちら

フォローして頂くとやる気が出ます

コメント

  1. 匿名 より:

    手元のrigを一つ場所間違えただけでアニメーション制作の時に手元が歪んだ…難しいしめんどくさいですね…(愚痴)

    • アニメーション制作は確かに難しいですね(作る前のRigifyの取り付け等も)・・・(^_^;)

      アニメーション自体はRigifyを使わずボーンで動かすと細かく作れそうですが、調整の難しさと時間がかかりそうです。

      MMDとかを使うとアニメーション制作がやりやすそうです。Unityにも取り込めるみたいなのでこちらを使うと比較的楽なのかもしれません。

      MMDは使った事ないですが・・・・(^_^;)

      ゲーム制作で使う剣を振る等のアニメーションとかは、自分でアクションをして、モーションキャプチャーで動きを取り込めば楽にモーションをモデルに適用出来そうですが、

      機器を買ったり、やり方を勉強しないといけないのでわたくしには無理そうです・・・(T_T)/~~~