かめくめちゃん

ソフト

Unity付属のVisual Stadioで使うと便利な操作やショートカットキー

Unity付属のVisual Stadioで使うと便利な操作やショートカットキーを書いています。
UnityでC#の勉強

C#で演算子のオーバーロードを使ってみる

Unity付属のVisual StadioでC#で演算子のオーバーロードを使ってみます。演算子のオーバーロードを行うと、ユーザー定義のクラスや構造体で+等の演算子でクラスを足したりすることが出来ます。
Unity基本情報

Unityで毎フレーム実行している処理の回数を減らす

Unityの毎フレーム実行している処理、例えばUpdateメソッド内で別メソッド等を呼び出して処理が重い場合は処理速度が落ちてしまう事があります。なので毎フレームではなく一定の時間を設けてその処理を呼び出すようにして処理速度が落ちるのを軽減してみたいと思います。
Blender

Blenderのシェイプキーで顔のアニメーションを作成しUnityで使用してみる

Blenderのシェイプキーで顔の瞬きアニメーションを作成し、Unityに取り込んで使用してみます。
Unity基本情報

UnityのCharacterControllerの進化版のOpenCharacterControllerを使ってみる

UnityのCharacterControllerの進化版であるOpenCharacterControllerのベータ版を使ってキャラクターを動かしてみます。
プログラム

Unityのラグドールを使ったダウンアニメーション後の起き上り機能を作成する

Unityのラグドールを使ったダウンアニメーションをした後にAnimatorControllerの機能に戻し、起き上がる機能を作成していきます。
プログラム

Unityのラグドールを使ったヒットリアクションの作成

Unityのラグドールを使って銃でダメージを受けた時の敵のダメージアクション機能を作成していきます。
Unity基本情報

UnityのCharacterControllerコンポーネントの落とし穴?

UnityのCharacterControllerを使ってキャラクターの衝突判定や移動機能を使うと非常に便利ですが、使い方を間違えると原因不明の不具合に悩まされるかもしれません。
Blender

Blenderで作ったキャラクターをUnityで取り込む際に角度を変更する

座標系が違うのでBlenderで作ったアーマチュア付きのキャラクターモデルをそのままUnityに取り込むとUnityでのTransformのRotationのXYZが全て0になりません。 そこでUnityに合わせてBlenderで角度を変更し、Unity側で操作しやすくします。
お知らせ

ブログ用キャラクター亀久米太郎の作成

Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)ブログ用の3DCGキャラクター亀久米太郎を作成する過程を書いています。
タイトルとURLをコピーしました