シンプルなアクションゲームを作ってみよう8-アニメーションの状態と遷移-

シンプルなアクションゲームを作ってみようの第8回です。

今回はキャラクターのアニメーションの状態と遷移を作成していきたいと思います。

前回はキャラクターの移動スクリプトを作成しました。

シンプルなアクションゲームを作ってみよう7-シンプルなプレイヤースクリプトの作成-
シンプルなアクションゲームでRigidbodyを使ったプレイヤーの移動スクリプトを作成していきます。

シンプルなアクションゲームを作ってみようの他の記事は

シンプルなアクションゲームを作ってみよう

シンプルなアクションゲームを作るのを通してUnityの使い方を学ぶカテゴリです。

から参照出来ます。

スポンサーリンク

アニメーションの管理

前回の記事で、キャラクターを移動させるスクリプトを作り、キーボードの矢印キーで床の上を移動出来るようにしました。

ただ、移動している時にキャラクターはずっとTポーズ(完全なTではないですが・・・)のままで移動しています。

Tポーズのままキャラクターが移動する

Tポーズと言ってもチョコプラとは関係なく、人型キャラクターモデルはTポーズにしておくとボーンを付ける時にやりやすくなるからだと思います(違う理由かもしれませんが)。

Tポーズのまま動くのは、キャラクターにアニメーションをさせていない為です。

なので、今回はキャラクターにアニメーションを管理するAnimatorControllerを取り付け、どういう状態の時はこのアニメーション、何らかの条件が成立したら別のアニメーションを再生するということをしてみたいと思います。

今回の場合、動いていない時は「立っているアニメーション」、移動している時は「歩いているアニメーション」の二つの状態を作り、移動しているかどうかで、その状態を互いに遷移出来るようにします。

AnimatorControllerを作成する

文章だけを見てもわからないと思いますので、実際にキャラクターのアニメーションを管理するAnimatorControllerを作成し、キャラクターに設定していきます。

まずはAnimatorControllerを入れておくフォルダをAssetsフォルダ内に作成し、名前をAnimatorsとします。

SimpleActionGameでAnimatorsフォルダを作成する

Assets/Animatorsフォルダ内で右クリックからCreate→Animator Controllerを選択します。

SimpleActionGameでAnimatorControllerを作成する

出来たら名前をPlayerとします。

SimpleActionGameでPlayerアニメーターコントローラーを作成する

Playerアニメーターコントローラーを、Stage1シーンのEthanのインスペクタのAnimatorコンポーネントのControllerにドラッグ&ドロップして設定します。

PlayerアニメーターコントローラーをEthanのAnimatorのControllerに設定する

これで、EthanはPlayerアニメーターコントローラーでアニメーションの状態と遷移を管理されます。

Playerアニメーターコントローラーの状態と遷移を作成する

Ethan用のアニメーターコントローラーの作成と設定が出来たので、次は状態と遷移を作成していきます。

Playerアニメーターコントローラーを選択した状態でAnimatorウインドウを開きます。

Playerアニメーターコントローラーを開く

Animatorウインドウが開いていない場合は、UnityメニューのWindowからAnimation→Animatorを選択する事でウインドウが開きます。

Animatorウインドウを開く方法

状態の作成

まずは、アニメーターコントローラーに「何もしていない状態」と「歩いている状態」を作成します。

Animatorウインドウ内で右クリックからCreate→Emptyを選択します。

AnimatorControllerの状態を作成する

以下のようにNew Stateという状態ができるので、選択します。

アニメーターコントローラーに新しい状態が出来た

Animatorウインドウでは、マウスの中ボタンを押しながらドラッグすると状態表示画面をスクロールすることが出来、状態をマウスの左ボタンを押しながらドラッグすると位置を変えることが出来ます。

New State状態はEntryから矢印が繋がっているので、New Stateが最初に再生されるアニメーション状態になります。

New State状態を選択して、インスペクタで名前をIdleに変更します。

New StateをIdleに変更する

さらに、Motionの右のアイコンを押し、スタンダードアセットのHumanoidIdleアニメーションを設定します。

Idle状態にHumanoidIdleを設定する

これでIdle状態の時はHumanoidIdleアニメーションが再生されます。

さらに、Foot IKにチェックを入れ、アニメーション時に足が接地した時は地面に足を付けるようにします。

Idle状態にアニメーションを設定する

Idle状態を作った時と同じようにWalk状態を作成し、MotionにHumanoidWalkアニメーションを設定します。

Walk状態にアニメーションを設定する

これでIdle状態とWalk状態が出来ました。

アニメーションパラメータの作成

次はアニメーションの状態を遷移する条件であるアニメーションパラメーターを作成していきます。

アニメーションパラメータ―の型はFloat、Int、Bool、Triggerになります。

Floatは小数点、Intは整数、Boolはtrueとfalse、Triggerはトリガーを引きます。

BoolとTriggerは似ていますが、Boolはtrueとfalseの切り替えが出来ますが、Triggerはトリガーした時の一度だけ条件を成立します。

今回はキャラクターが移動しているかどうかでアニメーションを切り替えるので、Float型のSpeedというアニメーションパラメータ―を作成し、その値によってIdleとWalkの状態を切り替えるようにします。

AnimatorウインドウのParametersタブの+を押し、Floatを選択します。

Float型のアニメーションパラメータ―を作成する

名前をSpeedとします。

Float型のアニメーションパラメータの名前をSpeedとする

これでアニメーションパラメータ―が出来ました。

遷移条件の設定

次に、アニメーションパラメータ―Speedの値によって、IdleとWalkの状態を行き来する条件を設定していきます。

Idle状態を選択し、右クリックからMake Transitionを選択します。

アニメーターコントローラーで遷移を作成する

矢印が出てくるのでWalk状態を押します。

IdleからWalkへの遷移を作成する

すると以下のようにIdleからWalkへの遷移矢印が出来ます。

IdleからWalkへの遷移が作成された

次はIdleからWalkへと繋がった矢印を選択し、インスペクタで遷移条件を設定します。

IdleからWalkへ遷移する矢印を選択する

インスペクタでは以下のように表示されます。

IdleからWalkへの遷移のインスペクタ

まずはアニメーションの遷移条件を設定します。

Has Exit Timeのチェックを外します。

アニメーターコントローラーの遷移のHas Exit Timeのチェックを外す

Has Exit Timeはアニメーションの再生が終わったら次の状態へと遷移するという条件で、ここでチェックをしていると現在のアニメーションの再生が終わるまで次の状態へと遷移しません。

次にConditionsの+を押し先ほど作ったアニメーションパラメータ―のSpeedを設定し、Greaterの0.1を設定します。

IdleからWalkへの遷移条件を設定する

Greaterは右の数値以上の時でLessの場合は以下の時に条件が成立します。

今回の場合はアニメーションパラメータ―の数値が0.1以上になったらIdleからWalkへと遷移する条件にしています。

次にIdleアニメーションとWalkアニメーションのブレンドを操作します。

IdleからWalk状態へと遷移する時にIdleから少しずつWalkアニメーションへと変わっていきますが、そのブレンドの設定をすることが出来ます。

グラフの左上の目のアイコンをドラッグして一番左にドラッグし、その右の矢印アイコンを左にドラッグしてIdleからWalkへのアニメーションのブレンド時間を短くします。

さらにSettingsの横の矢印を押し、Interruption SourceをNext Stateにし、次の遷移条件が成立した時にすぐさま遷移出来るようにします。

これはWalk→Idle→Walkという遷移条件が成立した時にWalk→Idle→Walkと通常通りアニメーションをブレンドすると一瞬アニメーションが止まっているように見えてしまう為、次の遷移条件が成立したらすぐさま次の状態へと遷移させる為にNext Stateを設定します。

アニメーションブレンドの設定

これでIdle→Walkの遷移条件が出来たので、次はWalk→Idleの遷移条件を作ります。

やる事は同じなので割愛しますが、以下のようになります。

Walk→Idleの遷移

Walk→Idleへの遷移条件はほとんどが同じですが、ConditionsでSpeedがLessで0.1という条件になります。

これはアニメーションパラメータのSpeedが0.1以下になった時にIdleへと遷移させる為です。

Walk→Idleへの遷移条件

これで機能が出来ました。

実行してキャラクターを動かしてみる

機能が出来たのでUnityエディターで実行して確認してみましょう。

キャラクターを動かすと歩くアニメーションが再生され、止まると立っているアニメーションが再生されるようになりました。

しかし、ここでひとつ問題があります。

それはキャラクターの移動する速さは1秒間で2mに設定しているのに、明らかにそれ以上の速さで動いている事です。

これはEthanのAnimatorのApply Root Motionにチェックが入っている為です。

Apply Root Motionにチェックが入っていると、キャラクターの位置や回転をアニメーション自体の位置や回転を使って行うようになります。

つまり、アニメーションで移動や回転を行うように作っている場合は、その変更値がキャラクターのTransformに影響を与えてしまいます。

今回のゲームではスクリプトでキャラクターの移動や回転を行っていますので、AnimatorのApply Root Motionのチェックを外し、アニメーションのデータをTransformに反映しないようにします。

AnimatorのApply Root Motionのチェックを外す

これで完成です。

実行してみると以下のようになりました。

終わりに

今回はキャラクターのアニメーションを管理するアニメーターコントローラーを作成しました。

キャラクターが移動が出来るようになったり、アニメーションが再生されたのでなんだかうれしくなりますね。(^_^)v

キャラクターをカメラの範囲外に移動させると見えなくなってしまいます。

そこで、次回はキャラクターの移動に合わせてカメラを移動させるようにしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました