タイピングゲーム制作記1

今日から(既に作り始めてますが)自作のゲームを制作していきます。(^^)/

その制作の進捗をこのカテゴリでお知らせをしていきたいと思います(このカテゴリではゲームの作り方についてはやりません)。

第1弾として、あまり需要がなさそうなタイピングゲームを作っていきたいと思います。

タイピングゲームならばストーリーがなくてもいいかなと思ったり、ステージは外でTerrainで作ったものをそのまま使えるかなという安易な考えがあります。(‘ω’)ノ

第1弾としてはもっとシンプルなアクションゲームで1週間ぐらいで作れるものを、とも思ったんですがタイピングゲームもタイピングの処理部分さえ出来ればあとは普通のゲーム制作と変わらず出来るかなと安易に考えております。

簡単なタイピングソフトは

Unityで簡単なローマ字入力タイピングソフトを作成してみます。問題をランダムに選びタイピングが成功した場合、失敗した場合の処理等を行います。

の記事で基本的な事をやったので、それをどんどん発展させて最終的にはタイピングオブザデッドみたいなタイピングゲームにしたいと思います。

なんだか値段が凄いことになってますね・・・・・(^_^;)

プロが作ったゲームに敵うとは思っていないのですが、無料のゾンビのキャラクターを使って敵にすれば、見た目だけは追いつけるかなと(´Д`)

スポンサーリンク

今回までに制作した物

今回のこの記事までに制作した部分は先ほどの記事で作成していたものをコピーしただけです。(^_^;)

まぁ自分で作成した物なのでコピーしただけでもいいじゃない(´Д`)

とりあえず文字列を出力してそれをタイピングし、正解だったらその文字を表示、失敗だったら間違えて打った文字を赤文字で表示するというところまで出来ております。

入力するローマ字は色々な入力方法があるので次はどのような入力方法であっても正解にするような処理を作っていきたいと思います。

おそらくタイピングゲームで一番大変なのがここだと思います・・・・。

いきなりここで詰みそうですね・・・・・(-_-)

次回の進捗はなさそうです・・・・( ノД`)シクシク…

今のところWebGL形式でちょこっと出来るような感じで仕上げる予定ですが、このブログのメイン表示部の幅だとゲーム画面サイズが定まってしまうのでどうなることやら・・・。

ブログのテンプレートとは別にするという手もありそうですが、個別にページ設定しないといけなそうだからどうでしょう・・・。

こうして記事にした理由

こうして記事にしてゲームの進捗をお知らせするのには理由があります。

それは単純にやる気を維持させる為です。(^_^;)

最近は花粉症のせいか?全然やる気が起きなくて困っていますが、こうして記事にして残していく事でモチベーションを保ちつつゲーム制作も進むかな?と思っております。

スポンサーリンク

記事をシェアして頂ける方はこちら

フォローして頂くとやる気が出ます