わたくしの買ったUnityのおすすめ本

わたくしが今まで買ったUnityのおすすめの本を紹介します。

今まで買ったと言っても3冊しか持っていませんが・・・・(^_^;)
もっと色々な本を買って知識を増やしたいんですけどね
ネットで情報も集められるけれども本をじっくり読んで学習する方が向いているみたいです。

わたくしは以前からJavaScriptを使って2Dゲームを作っていましたが(ゲームと呼べるものではないけれど)
ずっと3Dゲームが作りたいと思っていました。

スポンサーリンク

わたくしのおすすめ本

Unity5入門最新開発環境による簡単3Dゲーム制作

バイオハザードやSIRENみたいなゲームを自分で作れたらどんだけいいだろうか!と思うばかりで、
実際どうやって作ればいいかもわからないので、手は出しませんでした。
そんな時に本屋で手にした本。

対象者:初心者
使用言語:JavaScript

Unityってこんな簡単にゲームが作れるんだ!
と思い購入しました。

わたくしが持っているのはUnity4の頃の本ですが、スクリプトをほとんど記述せず、Unityの機能を使って
簡単なゲームを作成出来ます。

Unityの使い方から、既存のスクリプトを使ってキャラクターを動かしたり、ゲームのステージを作ったり、アニメーターを使ったりで、
一通りの基本が学べます。

ゲームを作った事がまったくない人やプログラミングした事がない人、3Dグラフィックなんて作れん!
という方がゲームを作り始めるきっかけにすごくいいおすすめの本です。

Unity4ゲームコーディング本当にゲームが作れるスクリプトの書き方

次は上のひよこの本の続編でスクリプトを使ってよりゲームの世界を表現できる本

対象者:初心者~中級者手前
使用言語:JavaScript

こちらの本では自分でスクリプトを組んでキャラクターを動かしていきます。
キャラクターの移動や攻撃、他のゲームオブジェクトに力を加える方法や、プレハブのインスタンス化、
敵キャラが主人公キャラを検知する機能等、実際にゲームを作る際に使えるTipがたくさん入っています。

アクションゲームや音ゲー、アドベンチャーゲーム等を作っていくのでどのジャンルのゲームを作る際にも役立ちます。

ただこの本のUnity5バージョンが出ていないので、UIの作成等は古い記述になります。
古いタイプのUIはスクリプトから生成する方法でかなり面倒くさい方法なので5バージョンが出るのを待ちましょう・・・。

Unityゲーム開発オンライン3Dアクションゲームの作り方

最後はバンダイナムコスタジオの現役プログラマが解説する新しいUnity本という事で、
ちょっと(ちょっとどころではない!?)難しい内容が入ってくる本です。

対象者:中級者手前~中級者
使用言語:C#

わたくしもいずれはオンラインでマルチプレイが出来るようなゲームを作りたくて買った本です。
今のところ全然出来ませんが・・・・。

こちらの本は1読しただけでは全然わかりませんでした。今でもわかってないかも?
C#言語での解説という意味でもJavaScriptとは違いますが、慣れれば読みかえるのは苦にはならないです。

さきほど紹介した2冊より初心者には難しい処理が多いです。(カメラの移動やRayを使った処理等)
しかし、この内容を理解出来れば作るゲームが一段階パワーアップする事は確実です。

キャラクターの移動がスムーズに行われる処理や
エフェクトの作り方、Terrainの詳しい使い方
カメラの移動
2Dゲームの作り方等、いろいろあります。

個人的にはPhysic.RaycastとPhysic.Linecastを使った処理、アニメーションイベントの作り方が非常に役立ちました。

ゲーム全般を解説していてゲームで使用しているファイル等も用意しているので同じように作成し設定していけるので、
一通り読んで作ればゲームが完成するところまでいきます。

ゲーム作りはなんとなく出来るようになった方が一段階アップしたい時に読むといいおすすめの本です。

オンラインに対応する方法が載っていますが、今のところ活用出来ていないです。
UIに関してはこちらも旧バージョンなので古い作成方法になっています。

本で学習する事のメリットとデメリット

本の利点はいつでも読み返して学習出来るところです。
ネットの情報だと頭に入りづらいわたくしみたいな人は重宝します。

が、Unityのバージョンアップもどんどん進んでいくと思うので、やはり情報が古くなって、面倒くさい方法で作成していた
なんて事にもなります。(UIに関しては4と5で物凄く変わったのでわかりやすいかも)

今のおすすめ本は以上です。