UnityのSnapSettingsで設定をしてみる

今回はUnityのSnapSettingsの設定を変更してみようと思います。

設定も実行もすぐ終わります(^_^)v

スポンサーリンク

Snap

Snapとは?

SnapはWindowsならばCtrlキー、MacならCmdキー?を押しながらシーン上でゲームオブジェクトを移動・回転・Scaleの調整をした時の変更値です。

ゲームオブジェクトのScale調整

↑のようにヒエラルキーでゲームオブジェクトを選択すると操作ハンドルが表示されますが、↑の場合はゲームオブジェクトのScaleが変わります。

このままScale調整したい方向のハンドルをマウスで押してドラッグするとfloat値の細かい値で変更します。

ですが、Ctrlキーを押しながらマウスを押してドラッグすると整数値でScaleが変更されます。

このCtrlキーを押した時の値の変更値をSnapSettingsで行えます。

SnapSettingsを変更する

それではSnapSettingsでSnapを変更してみましょう。

UnityのメニューからEdit→SnapSettingsを選択します。

SnapSettings

↑のようにメニュー項目が表示されます。

SnapSettingsを選択すると、

SnapSettingsウインドウ

↑のようなウインドウが開きます。

MoveX、MoveY、MoveZはSnap時の移動値でデフォルトでは1、Scaleは0.1、Rotationは15となっています。

移動値はどこにいても1づつ移動しますが、Scaleの場合は元のScaleに0.1をかけた数値がScaleの変更値となります。

その為、例えばゲームオブジェクトのX軸のScaleが2.0だった場合はX軸の拡大をした時に次は2.2、次は2.4と変更していきます。

その下にある4つのボタンは

Snap All Axisボタンは現在のTransform情報をX、Y、Z軸全てでSnapします。

X、Y、Zのボタンはそれぞれの軸をSnapします。

例えばTransformのPositionがX軸0.23、Y軸が0.78、Z軸が1.80だとしたらSnap All Axisボタンを押すとX軸0、Y軸1、Z軸2にSnapされます。

下のボタンは現在の状態をSnapするだけのボタンですね。

これだけで設定が終わります。

Snapを確認してみる

あとはシーンビューでゲームオブジェクトを操作して確認するだけです。

Snapの設定をMoveX、MoveY、MoveZを2、Scaleを1、Rotationを30にして実行してみます。

↑のようになりました。

Snapの変更値を変えたい方は試してみてください。

スポンサーリンク

記事をシェアして頂ける方はこちら

フォローして頂くとやる気が出ます